音叉とストレッチとアロマで伸びる上がる出来るワタシ作りを応援するナチュラルロコ 松本です。

昨日、姿勢のお話しでヴァイブレーショナルレインドロップ(VRT)の音叉の事を書きましたが、音叉の種類は沢山あります。

惑星の周波数と臓器の周波数はリンクし、惑星の周波数があるから臓器も動くと言われています。

なので、臓器に不調があれば、その惑星の周波数を奏でることで調律され、臓器が整うという理屈です。

また東洋医学的に言うと、臓器は感情も司っているので、臓器を整える事で心も整います。

そして、その臓器に適した精油を使えば尚の事、整うわけです。

 

また、私が愛してやまないヤング・リヴィング社💗の精油の周波数の単位はMHzで、1MHz=1,000,000Hzと、1秒間の振動数が半端なく大きいです。

重りの付いた音叉(ヘビーフォーク)は重低音で振動数が少なく、直接体にあてるとより振動を感じます。

 

アロマの振動や周波数は細かすぎて認識しにくいのですが、音叉の周波数の振動は感じやすく、
記憶に残りやすい気がします(対私比)。

そして、高波動のアロマだけの施術より、音叉とアロマを併用した方が施術効果はアップしているにもかかわらず、
好転反応も少ないです(当サロン比)

音叉とアロマを併用した方が
アロマの馴染みと浸透力が良く相乗効果をもたらします(当サロン比)

そして、その前に
ストレッチをするので更に効果がアップした気がします(当サロン比)

 

不調箇所に音叉を当てると音の鳴りが悪く、音が吸われていくような感じがします。

音叉とアロマとストレッチで打てば響くココロとカラダづくりをしてみませんか?

という、施術のPRでした。

 

弥栄