アロマと音叉とストレッチで健やかで伸びやかな女性の心と身体づくりを応援する  からだと心の調律師 ナチュラルロコ 松本博子です。

首は身体の中で細いパーツですが、ボーリングの球やスイカ位の重さの頭をささえていて、頭を前へ倒すとその3倍の負担が首にかかるといわれています。
細いのに健気。

そして、脳からの指令を身体や手足に届けています。
細いのに健気。

首の後ろの付け根の筋肉が凝ると、体は自律神経のバランスがとりにくくなります。

 

自律神経は車で言うとアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)。
アクセル踏みっぱなしだと、スピードご出過ぎて事故になりますね?

これからの季節に多いですが、
ブレーキ踏みっぱなしの状態が鬱。
五月病と言われる症状です。

新しい環境に変わり、慣れるのに必死でストレスマックス。
鬱々としますよね。

また、交感神経優位だと緊張したままで、不眠などに繋がります。

どちらも過ぎると駄目で、やじろべえのようにバランスを取るのが1番で、健康な時は絶妙のバランスを取っているわけです。

身体って凄いですね。

 

脳内バランスが崩れはじめた時のオススメは、レインドロップとヴァイブレーショナルレインドロップの脳バージョン。

ナチュラルロコでは、ストレッチで首の後ろの筋肉をしっかり伸ばしてからヴァイブレーショナルレインドロップを行うので効果抜群!

特にこれからの季節は、五月病といわれる軽度の鬱々した状態もすっきりしますよ!
VRTの脳バージョンは脳のデフラグとも言われて、余計な思考をレレレのおじさんが、箒でお掃除してくれるように感じたり、小っちゃいおっさんが余計なコードを引っこ抜いてくれたりと、色々な体験を聞かせて頂きます。

 

ちなみに私は何も考えられずに、頭が真っ白になった感じでした・・・考えすぎだったのでしょう。

頭の中を真っさらにして、お~でかけですか?ウインク

 

弥栄

 

画像は3年前に知人の車で事故にあい、軽いムチウチになった時のレントゲンです。
お医者様にも年並みにヘタってると言われました 。
ストレッチと出会ったことで私の首は若返っているような気がする 😛